注文住宅をデザイナーズで建築するメリット

工務店などに注文して住宅を建築するときにはさまざまな種類の住宅を選ぶことができます。この点が建売住宅との大きな違いです。最近の傾向としては、ありきたりな住宅ではなく個性的な住宅が増えてきています。特にデザイナーズの注文住宅は、ひときわ目を引くだけでなく、そこに住む人も満足感を味わうことができるため人気です。このような住宅が増えたのは、昭和の時代に比べると住宅が簡単に建築できるようになったからです。かつては住宅を所有することはあこがれでしたが、1970年代から住宅ローンを利用できるようになったことで、普通のサラリーマンでも簡単に住宅を建築できるようになりました。住宅が簡単に手に入ると、今度は個性的な住宅を建築したいと考える人が増えてきます。その結果できあがったのかデザイナーズの注文住宅です。

外観から見たときの特徴とメリット

デザイナーズの注文住宅の特徴は、外観が個性的なことと室内も個性的なことです。外観は、様々の形があるものの、コンクリート打ちで箱型の住宅が多いのが特徴です。屋根は陸屋根になっているものから傾斜しているものまでさまざまありますが、傾斜している場合も真中が高くなって両サイドに傾斜しているのではなく、一つの方向にだけ傾斜している特徴があります。結果的に、ほかの住宅と違い個性的に見える点にメリットがあります。また、外から見ると窓が大きく取られている傾向があります。これは解放感を感じるために窓を大きくしています。もちろんオープンな住宅が嫌だと考えている人は、窓を小さくすることも可能です。この場合には、曇りガラスにし、縦に長くする傾向が見られます。縦に長くすることによって、部屋全体を明るくすることができます。

内装にも様々な特徴やメリットがある

デザイナーズの注文住宅の内装を見ると、非常に個性的な面が目立ちます。特に階段は個性的で、部屋の中にらせん階段がある住宅や、梯子のような階段も存在しています。これは、空間をできるだけ広く使おうとした工夫のひとつです。トイレも個性的な住宅が多いです。例えば、壁が1メートルぐらいの高さしかないトイレやガラス張りで下半分が曇りガラス、上半分が透明なガラスのようなものもあり、狭い空間だったトイレのイメージを覆すように開放的にしてやる点がメリットです。もちろん気になる人には、カーテンを閉めることができるため外から見られることはまずありません。それ以外でも、壁の内側がコンクリート打ちっぱなしのような住宅も少なくありません。このような個性的な住宅に住むことで、住宅に対する満足感が高くなるでしょう。

東京・埼玉・千葉のデザイナーハウスのPOHAUS。 ポウハウスの材料・工法は維持管理にこだわっています! ライフスタイルに合ったデザイン性の高い設計をご提案できます。 建築現場や打ち合わせなどを書いた、デザイナーブログも公開しています。 ポウハウスのインテリアコーディネーターが、こだわりの空間づくりを提供します。 ポウハウスには、住宅設計の専門家のデザイナーが揃っています。注文住宅をデザイナーズでこだわるなら